あなたにとって、一番大切なことは何ですか?

いのちの未来のために。

We are the 99%

  • 宇都宮けんじってどんな人?
  • 宇都宮けんじの希望の政策!
  • 宇都宮けんじへ応援の声!
  • ▼最新情報
  • 宇都宮けんじブログ
  • ツイキャス
    動画
  • みんなで応援!
  • みなさまからのご寄付をお願いしています。
  • お問い合わせ
  • 応援ルール
  • リンク一覧
  • ボランティア募集
メール通信「うつけんニュース」に登録しよう! E-mailアドレスをご記入ください。
イベントや集会、様々なお知らせを配信します。 メルマガの配信解除
  • 宇都宮けんじfacebook
  • 宇都宮けんじtwitter

希望のまち東京をつくる会 会長談話「舛添都知事問題に対するコメント」

2016年5月14日
希望のまち東京をつくる会 会長
宇都宮けんじ

 このところ舛添都知事の高額海外出張費、公用車を利用しての毎週末の湯河原温泉利付き別荘通い、公私混同の政治資金利用疑惑などが問題となっている。


 そもそも舛添要一氏が都知事に当選した2014年2月の都知事選は、徳洲会から5000万円を受け取っていたことが発覚し、猪瀬前知事が都知事を辞職したことから行われた都知事選であった。
 したがって、2014年2月の都知事選は、「カネと利権から決別したクリーンな都政をどのようにして作っていくか」ということが、都知事選の重要な争点の一つであったはずである。
 2014年2月の都知事選では、私は「5つの基本政策」と「2つの特別政策」を掲げて都知事選をたたかった。その際に掲げた「2つの特別政策」のうちの1つが「カネと利権から決別した都政を」という政策だった。
 前述した問題に関する最近の報道を見ると、舛添都知事は公金を使う際、1円でも無駄使いはしないという意識が乏しく、公私混同も甚だしいと言わざるを得ない。これは、政治家としての資質が問われている問題である。
 なお、高額海外出張費の問題は、石原前都知事の時代から続いている都政の悪習である。
 今回の問題を本当に反省するのであれば、舛添都知事は、心を入れ替えて、公金の使い方にもっと敏感になり、公私混同とは決別し、石原前都知事の時代から続いている都政の悪習と闘っていく姿勢を持つ必要がある。それができないのであれば、都知事を辞職するしかないであろう。

「希望のまち東京をつくる会」は、今後も継続して活動していきます。

イベント等の情報は、メルマガ、ブログ、Twitter、Facebook、ツイキャス動画配信にて随時お知らせしております。

<希望のまち東京をつくる会ブログ>
http://utsu-ken.seesaa.net

<Twitter>
宇都宮けんじ @utsunomiyakenji
チームうつけん @TeamUtsuken

<Facebook>
希望のまち東京をつくる会公式ファンページ
https://www.facebook.com/TeamUtsuken

チームうつけん&希望のまち東京公式グループ
https://www.facebook.com/groups/292304950976006/

<ツイキャス>動画配信
http://twitcasting.tv/teamutsuken/show/

都知事選挙をたたかって──宇都宮けんじ

2014年2月19日 宇都宮けんじ

1
 今回の選挙では、惜しくも次点となり、当選を勝ち取ることはできませんでした。しかし、2012年12月に行われた前回の選挙結果と比較すれば、大きな前進があった選挙だったと思います。
 大雪の影響などから投票率は前回より16.46%低い46.14%となりましたが、この低投票率の中で、得票数を前回の96万8960票から98万2594票に、1万3634票増やすことができました。また、得票率は、前回の14.58%から20.18%に、5.6%増やすことができました。
 この結果は、都知事選挙を1回経験したことにより、候補者、選対スタッフ、ボランティアが一回り成長したこと、市民選対と、支援していただいた市民団体、労働組合、政党との間に、前回より密接な連携を確立させることができたことなどから、実現できたものだと思います。
候補者と選対スタッフ、ボランティアが心をひとつにして全力で闘った結果の前進だったので、候補者、選対スタッフ、ボランティアの皆が充実感、達成感を感じることができた選挙戦でした。
 
2
 大雨の中で行われた1月8日キックオフ集会、細川候補との「一本化」問題、選対事務所の中での保育室の設置、銀座歩行者天国でのベビーカー行進、伊豆大島・国立競技場・葛西臨海公園・築地市場などの現地視察、若いお母さんや障がい者の皆さんとの懇談会の開催、希望政策フォーラムの開催、インターネットのフル活用、街宣中のカンパとボランティア募集、大雪の中での街宣など、数々のドラマが生まれた選挙戦でした。
私は、このようなドラマティックな選挙戦を一緒に闘ってくれた選対スタッフ、ボランティアの皆さんを大変誇りに思っています。
 
3
 私たちは、「あと出しジャンケン」はせず、一番先に出馬を表明し、1月6日には都庁記者クラブで5つの基本政策と2つの特別政策を発表して、選挙戦を正々堂々とたたかってきました。選挙戦を終えて大変清々しい気持です。  街頭宣伝で1万人を集めることはとても重要なことですが、それは1000万人を超える東京都の有権者の0.1%です。1000万人を超える有権者に政策を伝えるためには、テレビ討論をはじめとする公開討論会が重要な機会となりますが、一部候補者が出場を辞退したことで、累計で16回も公開討論会が中止になったことは、極めて残念なことです。
 また、各候補者の政策を有権者である都民に伝えることが、報道機関の重要な使命であることを考えれば、一部候補者が辞退したことで公開討論会を中止してしまうという報道機関のあり方も、今後問題にされるべきでしょう。
 さらに、実現した数少ない公開討論会においても、候補者どうしがお互いの政策についてコメントしあうクロス討論形式ではなく、司会者の質問に対して各候補者が答える形式になってしまったことも問題です。
 テレビなどでの公開討論会は、舛添候補との政策の違いを明確にして舛添候補を追い込む大きなチャンスでした。そのことを考えれば、16回に及ぶ公開討論会の中止は返すがえすも残念です。
 
4
 おおいに善戦、健闘した選挙戦でしたが、私たちはまだまだ保守層の固い岩盤を掘り崩すに至っていないことを、明確に自覚する必要があります。
 そして、保守の固い岩盤を掘り崩すことは、著名人やその時々の「風」に頼るのではなく、こつこつと市民運動を広げていく地道な努力でしか達成できないということも、今回の選挙戦の重要な教訓であったと思います。
 
5
 あらためて「私たち一人ひとりは微力ではあっても、決して無力ではない。一人ひとりがつながれば大きな力となり、社会を変えることができる」との確信をもって、明日からの運動に取り組んでいきます。

希望のまち東京をつくる会 声明「舛添要一都知事の政治資金の不正な流用について」

2016年5月14日
希望のまち東京をつくる会

 舛添要一都知事は、家族旅行や食事など、私的な用途に政治資金を流用していた事実を認めた。
舛添都知事には、これ以外にも、公用車を別荘への移動に使用するなど、税金の用い方として強い疑念を抱かざるをえない事実が明らかになっている。
 思い返せば、2014年の猪瀬知事(当時)の辞任にともなう前回の都知事選挙は、カネと政治が問われる中でたたかわれた。私たちはクリーンな政治の実現を訴え、宇都宮けんじ氏を擁立して前回の都知事選挙をたたかった。
 惜しくも舛添氏に及ばず次点にとどまったが、前回知事選挙の経過を考えれば、政治不信を払拭し、公正な都政を回復する特別の責任が舛添氏にはあったはずである。
 今回の一連の事実は、舛添氏ではその責任を果たすことができないということを表している。
「アベノミクス」の喧伝にもかかわらず、都民の生活は依然として苦しく、貧困・格差は拡大している。その中で集められた税金である。そのすべては都民の福祉の向上をはじめとした自治体本来の目的のために使われるべきであり、1円の無駄使いも許されないことは当然である。公用車を別荘通いのために用いるなどは論外としか言いようがない。
 さらに、舛添氏には、政治資金を美術品の購入にあてるなど、他にも同様の疑惑が多く指摘されている。これまでに明らかにされている事実以外にも不正な使われ方があるのではないかという疑念を抱かざるを得ない。
 舛添都知事は「説明責任を果たした」と述べているが、それに納得する都民は少数であろう。
 都政への信頼を回復するために、舛添都知事は疑惑のすべてについて明らかにして都民の納得と理解を得るべきであり、それができないのであれば潔く職を辞すべきである。

2014年都知事選 総括文書(完成版)

★多くの皆さんと都知事選ふりかえり集会を開催しました
 
希望のまち東京をつくる会は、3月16日、都知事選ふりかえり集会を開催しました。
会場の文京区民センターは約300名の参加で満員。都知事選での取り組みについて各団体、地域サポーター、政党、選対・スタッフなどから報告がなされました。
改めて今回の都知事選の意義を皆さんで確認しあい、これからの運動の方向性や課題について多くの示唆とアイデアがあふれる時間となったことをご報告いたします。併せて、当日配布いたしました「総括文書(完成版)」一式をウェブでも公開いたしますので、多くの方にお読みいただければ幸いです。

2014年3月18日
希望のまち東京をつくる会

2014年3月16日_選挙総括(確定版) 2014年3月16日_選挙総括(完成版)
  (2014.03.18 PDF/約2.8MB)

2014年3月16日_選挙総括資料 2014年3月16日_選挙総括資料
  (2014.03.18 PDF/約5.7MB)

2014年3月16日_ご意見と対応一覧表 2014年3月16日_ご意見と対応一覧表
  (2014.03.18 PDF/約312KB)

事務所変更となりました

「希望のまち東京をつくる会」の事務所が変更となりました。
連絡先は下記のとおりです。

〒113-0033
東京都文京区本郷2-13-10 湯淺ビル7階
東京市民法律事務所気付
TEL:080-9413-1402
 ↑住所が変更されました。

チームうつけん、ツイキャス配信中!

ツイッターをやられている皆さん、スタッフ・アカウント・チームうつけん(@TeamUtsuken)をフォローお願いします。
どんどん⇒ツイキャスしていきます♪

名護市長 稲嶺 進さんから応援メッセージ!

稲嶺 進さん今回の東京都知事選は、日本の針路をも左右する重大な意味を持つものです。宇都宮健児氏の政策のすべてが都民の生活をより民主的で快適な生活環境を創造するものと確信しております。政府・自民党が、名護市民や沖縄県民の民意を無視し、名護市辺野古への米軍海兵隊基地移設を強行するという動きを止めるためにも、宇都宮健児氏の当選は大きな力になります。宇都宮健児氏の必勝を心から祈念申し上げます。

名護市長 稲嶺 進

 

I vote UK ×3 project 宇都宮けんじ3倍化計画!

渋谷の大街宣を一緒につくった人たちが、ネットユーザーにリアルでも宇都宮けんじへの支持をまわりの人に呼びかけてもらおうと始めた企画です!
⇒「I vote UK ×3 project 宇都宮けんじ3倍化計画」はこちら![外部サイト]

TOP