Profile
宇都宮けんじのプロフィール

宇都宮けんじのプロフィール

profile

宇都宮けんじってどんな人?

貧しい人の力になりたい

1946年12月、愛媛の漁村に生まれ、9歳の頃、開拓農家として大分県に移り住む。電気もない荒れた土地を必至で耕す親の姿を見て育ちました。親孝行したい一心で猛勉強し、東京大学に入学。卓球部で汗を流す一方、「貧しい人の力になりたい」と弁護士になることを決意し、在学中に司法試験に合格。

サラ金問題改善の立役者

下積み生活の中でサラ金問題に出会います。とりたてに追われる人の苦しみを目にして、解決のために奔走。「青白く、やつれた相談者の顔が、みるみる明るくなっていく。それが私にとってはお金以上の財産だった」。サラ金業者からは、何があっても引き下がらない弁護士として知られる存在に。「取り返すのは金ではない。狂わされた人生だ」。2006年、多くの仲間とともに国会に働きかけ、グレーゾーン金利を撤廃させる画期的な貸金業法の改正を実現させました。この改正により、サラ金業者がムチャな金利を取ることができなくなり、多重債務者は「払いすぎた分を取りもどす」こともできるようになりました。その姿は、宮部みゆきのベストセラー推理小説『火車(双葉社)』のモデルにもなりました。

貧困と格差が広がる昨今は、生活に苦しむ人びとへの法律相談も多く引き受け、多くの相談者から絶大な信頼を寄せられています。

日本弁護士連合会 会長として

2010年、3万2000人の弁護士を束ねる日本弁護士連合会(日弁連)の会長選挙に、史上はじめて完全無派閥で立候補し、激戦の末に当選を果たしました。日弁連会長として、人権擁護などに尽力するなかで、東日本大震災と福島原発事故が発生。福島をはじめとする被災者の支援に、先頭に立って取り組んできました。

2012年と2014年の都知事選で次点

2012年と14年の二度の都知事選挙では、猪瀬氏・舛添氏を相手に「人にやさしい東京」「希望のまち東京」を訴え、それぞれ次点の得票を得ています。

2016年の都知事選出馬を断念

2016年の都知事選では立候補を決めるも、野党4党(民進党、日本共産党、自由党、社会民主党)の統一候補が鳥越俊太郎氏に決定したことを受け、出馬を撤回するという苦渋の決断をしました(2016年 東京都知事選挙 総括報告はこちら)。その後も当選した小池百合子氏に対し、積極的な政治提言を行っています。

略歴

1946年 愛媛県生まれ。
1966年 東京大学に現役合格。社会問題と出会い、弁護士を目指す。
1968年 在学中に司法試験合格。
1969年 司法修習生となる。
1971年 弁護士登録。長い“イソ弁”(居候弁護士)生活に入る。
1983年 独立。

「宇都宮健児法律事務所(現:東京市民法律事務所)」を経営。以降、サラ金、ヤミ金による多重債務問題、消費者金融問題の草分け的弁護士として、一貫して被害者の救済に取り組む。日弁連消費者問題対策委員会委員長、日弁連多重債務対策本部本部長代行、東京弁護士会副会長、年越し派遣村名誉村長などを歴任。2010年〜2011年 日弁連会長を務める。

著書

  • 『「悪」と闘う』(朝日新聞出版)
  • 『自己責任論の嘘』(KKベストセラーズ、ベスト新書)
  • 『わるいやつら』(集英社)
  • 『13歳から学ぶ日本の貧困 日本をむしばむ“貧困”が60分で見えてくる』(青志社)
1619420141104G5000706bbook02

テレビ出演

  • 『プロフェッショナル 仕事の流儀』 第5回「仕事も人生もやり直せる」(NHK総合)
  • 『福祉ネットワーク』「この人と福祉を語ろう 困っている人はみんなで助けよう」(NHK教育)
  • 『ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜』(TBS系列)
  • 『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系列)
  • 『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系列)
  • 『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日系列)
  • 『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系列)
  • 『バイキング』(フジテレビ系列) 他

現在の活動